PCMAXで出会った処女を捨てたばかりの19歳女子大生に2本目のチンポ挿入したったwww

PCMAXで経験人数1人のほぼ処女の19歳とセックスしたったwww

ボレは本当にイケメンでもなくどこにでもいる普通の会社員で、毎日通勤電車に乗って会社に出勤し、会社が終わると最近は特に熱中している趣味もないのでそのまま直帰・・・。

帰ったらテレビをつけて、スマホでアダルトサイトを見るのが習慣というなんともトホホな感じの25歳でした。

そんな僕が、ある日勢いでインストールしたPCMAXというアプリを使い、19歳の女子大生とセッ○スしてしまうまでのリアルな体験談を、告白しようと思います。

僕は学生時代はあまりモテる方ではなかったので、正直、衝撃の体験でした・・・。

彼女ができたらいいな~と常日頃から思いつつも、自分から特に行動することもなく日々を過ごしていた僕が、PCMAXを使うことで、なんと19歳の女子大学生と、会ったその日のうちにヤってしまった・・・という体験談を今日はさせていただければと思います。

PCMAXで純情そうな女の子を見つけてまずはメールを送ってみた

もう本当にランキング上位にあったからという、単純な理由で、PCMAXはインストールしました。僕も最初は、出会い系は怪しい・・・とか業者が多いだろう・・・っていう思い込みがあったのですが、ネットの掲示板や知人の話を聞いてみると、女の子も結構出会い系アプリは使っているという話だったので、暇だしインストールしてみよっかな~という何とも軽いノリでインストールしてみました。(笑)

インストールした直後は案内に従い、本人確認や写真登録などをしっかりと行い、そしてそのまま初回登録で付いてきたポイントを使い、とりあえず好みの女の子がいないかを検索しました。

すると色々検索しているうちに、プロフィール画像がおっ!と目につく女の子がいたんですね~。外見の雰囲気がかなり好みの子です。これは、まずメールしてみるしかないと思い早速メール。

僕「はじめまして~(^^♪S男っていいます。プロフ画像がすごくかわいかったので思わずメールしてしまいました( ゚Д゚)25歳のおっさんですが、よかったらメールしませんか~?(´◉◞౪◟◉)」

僕は普段は一切顔文字を使いませんが、これは戦略です。(笑)若い女性の間で流行っている、キモかわいい顔文字を使ってまずは親近感をアピールしていきました。

すると・・・、

S子「はじめまして~^^まなみ(仮名)と申します。19歳の女子大生です。( *´艸`) いいですよ~!メールしましょう(´◔౪◔)۶ヨッシャ!」

あっさりメール、来た。(笑) しかも19歳女子大生!?これはアツすぎるでしょう・・・。
しかもいきなりこの顔文字・・・100%脈アリ!!←※根拠はありません。(笑)

僕「ありがとう、まなみちゃんでいい?学生なんだね。いいなぁ、学生って懐かしいな~。大学でどんなこと勉強してるの?」

М子 「まなみでいいですよ。外国語大学で、英語の勉強をしています。^^」

なんかもう、こんな感じで簡単に女の子とメールできてしまうんだなと、感動してしまいました・・・。なぜ今まで自分は出会い系アプリを活用していなかったんだ、と思ってしまうほどのスピード感です・・・。(笑)
仮副題② 実際に会い、LINE交換。
こんな感じでしばらくPCMAXでメールをした後に、LINEIDを教えてもらい、LINEでのやり取りが始まりました。まなみは付き合ってた彼氏と別れたのがきっかけで出会い系をはじめたとのこと。ささいなやり取りをLINEでしているうちに、まなみとの距離が縮まってくるのが感じられてきました。そして、LINEIDを交換してから1週間後くらいの出張先ホテルでのやりとりで、大きな進展がありました。

「今、俺出張で一人ホテルなうなんだ~(´◉◞౪◟◉)」

「へぇ~そうなんだ。暇なの?(笑)」

「一人で黙々と作業中だよ(´◉◞౪◟◉)」

「なんか卑猥だよねw」

そう、軽い下ネタを振ってみたのです。この返信の感じだと、軽い下ネタもオッケーな子の模様。まぁ草を生やして返信してくれているので、この程度の下ネタはOKということでしょう。しかし実際に会うまでは本当の気持ちが分からないので、この段階での下ネタは控えめにしておきました。

ここまで仲良くなった上で、僕が次に考えた目標としては、一度食事をしてみないか?と、実際に合う提案をしてみるということだったのですが、この提案タイミングが難しかったんですよね~。

女性からすればこの提案が早すぎると、体目的?と疑いたくなりますし、遅すぎてもダラダラLINEするのも飽きてきたな~、と思われてしまうでしょう。

しかしこのLINEの様子だと僕に割と好感を持ってくれているカンジです。話を盛り上げつつも、ノリが良くなってところで、一気にストレートに提案してみました。

「ねぇ、S子さ、良かったら今度一回、食事でもしてみない?^^直接会って喋ってみたいな。」

「実は、私もそう思ってた!( *´艸`)ぜひぜひ~。(^^)/」

なんだ、この展開は、、、何かの恋愛漫画なのか・・・?まなみは、とてもノリが良く、不安に悩んでいたのがバカバカしいくらいあっさりとOKを出してくれました。こんな流れで実際に会って食事をすることに。ここまで約10日ほどのLINEのやり取りをしていました。

経験人数1人のほぼ処女女といよいよご対面!

そして、ついに食事の当日です。僕は正直そんなに緊張する方じゃないのですが、この時ばかりは少し緊張しました。(笑)30分以上前に集合場所の駅に到着。事前に写メの交換は済ませていたのですが、実際に会うとなるとなかなか緊張するものです。すると不意に、LINEの着信音が鳴りました。

「着いたよ~。どこにいる?」

つ、ついに来た・・・。

「時計台の前辺りだよ^^」

心臓の音が早くなってくることが自分でも分かります。
そしてついに・・・

「初めまして~。S男、さん?」


※1番出会えてヤレるサイト第1位→PCMAX


振り向くとまなみが、小さく手を振ってそこにいました。実際のまなみは、事前にもらっていた画像よりかわいいんです!女性が男性に送る画像の9割は、奇跡の一枚などと言われている、原形を留めない加工されまくった画像であることは有名な話です。(笑)なので、会った時のギャップがすさまじいことは半ば覚悟してはいたのですが、まなみは普通に、超かわいいんです。(笑) まぁ、僕の好みドストライクといったところです。

僕 「はじめして。S男です^^まなみちゃん、やっぱすごくオシャレだね・・・( ゚Д゚)」

まなみはいかにもキャンパス帰りという感じの服装でした。ノンノとかに載ってそうな、なんかそんな感じの可愛い服装です。

まなみ 「ありがとう^^S男さんもシンプルな服でカッコいいですよ^^」

僕 「お、ありがとう。なんかまた敬語になったね。(笑)」

まなみ 「あ、ホントだ。(笑) 敬語じゃなくてもいい?( *´艸`)」

か、かわいい・・・ なんだこれは、実物は予想以上にかわいいぞ・・・
まなみはAKBにいそうな感じのオシャレでかわいい女子大生という感じの子でした。19歳のあどけなさが残りつつも、どこか大人びた雰囲気があり、それでいて人懐っこいんです。肌もツヤツヤで血色も良く、なんかもう僕は人生のフィーバータイムっていう感じです。
感動に浸りつつ、食事へ誘います。

僕 「全然いいよ^^ それじゃあ、ご飯いこっか(^^)/」

М子 「うんそだね^^もう私、お腹すいちゃった~。(;´∀`)」

こんな感じのやりとりで初ご飯に行くことに。この日は、以前会社の飲み会で行ったことがある、和食がおいしい居酒屋へ行きました。そして、当然ですが居酒屋なのでまなみはお酒を飲むわけですよ。(笑)口説くのにお酒は鉄板アイテムですよね。

ほぼ処女ちゃんを酔った流れでそのままホテルへ連れてったったwww

しばらく雑談をしながら食事してお酒を飲んでいると、話題は好みのタイプの話題に。
まなみの顔が赤くなり、自分の恋愛観について語り始めます。

「私ね~、年上でおもしろい男の人が好みなの^^」
年上・・・?これは脈アリフラグですか?自分のことを言っているのかどうか分からなかったので、一度確認してみることに。

「面白いっていうのは一緒にいて楽しいってこと?」

「うん、そう、そんなカンジだよ^^」

「へぇ~、今、結構楽しそうだけどね。」

「今?ん~まぁまぁかな^^ふふふ(笑)」

なんかめちゃくちゃかわいいぞ、、、これは脈がありそう?
とりあえずいったん店を出て歩きながらムードのある場所へ移動することに。少し店から離れて歩くと、人気の少ないホテル街が現れてきます。まなみの表情は虚ろ。一気にノックアウトしてしまえそうな雰囲気です。

このタイミングだ!僕はとっさにそう思い話を切り出すことに。

「まなみさ、今日は楽しかったね。」

「そうだね^^楽しかった~!」

「もっと一緒にいたいから、ホテルで休もうよ。」

「えっ、ホテル?」

「そう、あそこのホテルとかどう?」

もうここまできたら直球です。(笑)

「えぇ~、まだ会って1回目だし・・・。」

「休憩するだけだって。さぁ、行こう行こう^^」

「え~・・・・・・。ん~・・・。絶対、休憩するだけだよ??」

「よし決まり^^とりあえず飲みすぎたし休もう。」

「うん。じゃあ、休もう~^^」

なんと会ったその日にホテルに連れ込むことが出来ました・・・。出会い系パワー恐ろしやです。そして、酔ったまなみの手を引きながら、部屋の中に入り、まずはソファに座ります。
ここから口説きタイムなわけですよ。正念場です。ムードを壊さないように慎重に言葉を選びます。

「歩いて疲れたでしょ?まなみ。水飲みなよ^^」

「ありがと~^^」

ここですかさずジャブを入れます。
水を飲み終わったのを見計らい、不意にそっと手をまなみの膝の上に載せます。

「あっ、んっ・・・」

まなみが敏感に反応しました!これはもしや、感じてる?この勢いで少し太ももをさすってみることに。すると、

「はぁ・・・ッン 」

明らかに感じています!(笑)これは興奮しますね(笑)

「まなみさ、気持ちいいの?」

わざわざ言葉にして相手に恥ずかしさを感じさせる作戦です。

「もう、くすぐったいって・・・。今日は休憩するだけでしょ・・・?」

何か思わせぶりな言い方です。ここは一気に秘伝のマッサージ作戦で攻めます。

「まなみ疲れてるんでしょ?体ほぐしてしてあげるよ^^」

ここぞとばかりに全身をくすぐりに行きます。(笑)

「ちょっ、くすぐったいってwやめて(笑)ああッ・・・ン。」

笑い声の中に明らかに感じる声が混ざっています。これはもうあと一押しです。問答無用で触る箇所を胸へと移動させます・・・。

「あッ・・・だめぇ・・・w 胸は凝ってないよw」

「いや凝ってるってwめっちゃ凝ってるよ。ブラ取って直接揉まないとだめだねこれは。」

「あっ・・・ンッ・・・・ふあっ・・・・ああっ・・・・・」

まなみの全身の力が抜け、抵抗が無くなりました。こうなったら次は直に下を触ります。

「ンあっ・・・・・・・・そこはダメぇ・・・・・ああんッ・・・・・・・・」

もうすでにビショビショでした。しっかり感じています。

これはもう挿入できそうですが、念のために確認します。

「まなみって初めて?」

「えっ、挿れるの?まだ、2回目。ついこないだ元カレとヤったばっかり。」

処女捨てたばかりなんかい!男の味に目覚めた、一番初々しい時じゃないですか!
これはたっぷりと調教せざるを得ません。

この様な感じでまなみと楽しい1夜を過ごしたわけですが、全てはPCMAXをスマホにインストールしたことから始まりました。このまなみとは、今でもセフレとして付き合っており、定期的に合ってSEX三昧の日々を手に入れることが出来ました。出会い系アプリを使っていない過去の自分がいたら、一回でいいから早く使ってみろ!と言ってあげたいです。自分から行動してみると、僕のように、思わぬ出会いが待っているかもしれませんよ?


※1番出会えてヤレるサイト第1位→PCMAX


ホントはヒミツにしておきたいww

ガチで出会えるサイトをランキングしたったでwww


出会い系サイトランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です